2016年06月07日

フィルムカメラからデジタルカメラへ

カメラといえば、最近はほとんどの人がデジタルカメラを使っていますが、少し前まではフィルムカメラが主流でした。もちろん、管理人もフィルムカメラを使っていて、その当時は収入もまあまああったのでかなりの台数のフィルムカメラが家の電子防湿庫の中に入っています。ほとんどが一眼レフで交換レンズも数十本もあります。通常は35mmのフィルムサイズのカメラが殆どですが、フィルムサイズの大きい中判カメラというのも何台か所有しています。中判カメラの場合フィルムサイズが大きいので35mmサイズのカメラに比べてかなり大きくプリントしても画像の解像度が落ちませんでした。

しかし、やっぱり最近はデジカメの使用が殆どになってしまいました。デジカメの便利さはまず、現像→プリントという作業が不要なうえ、撮影した写真をすぐその場で見ることができるというメリットがあるうえ、パソコンにも簡単に取り込めて、すぐに大きな写真も見ることができるうえ、フィルム代、現像代という費用も不要になりましたね。デジタル一眼レフであれば、撮影枚数も最大サイズで撮影したとしても、動画でなければ数千枚撮影することができます。フィルムを購入する手間もお金もいらないし、本当に便利なものができましたよね。まあ、最近趣味でフィルムカメラを使用している若い人も少しはいますが、主流ではありません。

また、多少の露出ミスなどもPhotoshopのような画像編集ソフトを使えば、簡単に明るくしたり少し落ち着いた色調にしたりも出来ます。もちろん管理人もPhotoshopを使用しています。少し前はPhotoshopというソフトは数十万円もして趣味で使うためにはなかなか購入はできませんでしたが、最近は月々1,000円のレンタル料で使用することができます。このPhotoshop、最近では手振れした写真の修復もできます。

こんな時代にフィルムメーカーであった富士写真フィルムは事業内容をデジタルカメラ関係だけではなく、医療関係や化粧品なども開発して生き残りました。このあたりなかなかすごいなと思いますね。

写真はキャノンのデジタル一眼レフで撮影した写真ですが、なかなか綺麗だと思います。

2014_05_06 (33)sd.jpg
posted by ニャン吉 at 14:58| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

蓮の花についてのショートエッセイ

管理人の知り合いの女性に華道、装道(和服)の教授をされている人がいます。まだお若いんですが、文章もとても上手く今回も広報誌に載せるための原稿を見せてもらいました。とても素敵な文章なので承諾のうえ、当ブログにも掲載させてもらうことにしました。(以下、原文)


〈「童謡・ひらいたひらいた」に寄せて〜蓮〉
新潟市中心部の白山神社に隣接する日本の都市公園100選に選ばれた白山公園ひょうたん池の蓮を見てまいりました。撮影時間が17時頃でしたが、不思議と1輪だけ神々しいばかりに美しく咲いており、しばし酷暑を忘れ清々しい気持ちになりました。
童謡の1番では、「蓮華の花が開いたと思ったら、いつの間にかつぼんだ」、2番では、「つぼんだと思ったら、いつの間にか開いた」とありますが、蓮は朝に開花しお昼に閉じるを3日間繰り返し、4日目の朝に開花のまま閉じる力もなくハラハラと散ります。
又、大輪を咲かせるために汚れが必要で、澄んだ水では小さな花にしかなりません。それになぞらえるように、お釈迦様は「人生は苦しみである、この苦しみ無しに人は悟ることはできない」と仰り、仏教での信仰の花となりました。 以前、ベトナム土産で蓮花茶を頂きましたが、緑茶ベースに花の香りを移したもので高貴な香りで大変に美味しく、リラックス、美肌、ダイエット効果があるそうです。
(原文ここまで)


文章も上手いですが、ご本人もとても魅力的で素敵な方です。

写真はご本人の撮影されたもの、綺麗ですね。

20150802165sd.jpg
posted by ニャン吉 at 15:45| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

ある日の邂逅

若い頃、実は小説も書いていました。同人誌などにも投稿したことがあります。今日ご紹介するのは書棚の奥から出てきた原稿用紙に書かれたショートショートです。ある出版社に投稿しましたが、勿論掲載はされませんでした。でも、若干のお褒めの言葉をいただきちょっと嬉しかった記憶があります。

以下、全文です。

「ある日の邂逅」

窓の外は雨がしきりに降っていた。僕は初めての出張で大事な仕事をやり終えた満足感と、そのおかげのある心地よい疲労感で新幹線の座席に深々と腰を沈めて、ぼんやりと外の景色を眺めていた。大阪から新幹線に乗った。ひかりは混んでいたので発車間際のこだまに乗り換えた。明日は休日だし急ぐことはない。車内は空いていて僕は3人掛けの窓際の席にいた。

 ふと気が付くと、どこから乗ったのか、僕の席のひとつ空けた隣に服装はラフだが清潔感のある黒人の男性が座っていた。どこかで見たことのあるような顔だと思ったが、その時は思い出せなかった。僕は少しだけ頭を動かして男の顔を見ると、男も僕の顔を見ていた。僕は英語は嫌いではなかったが、会話となるとちょっと自信がなかったし、話かけられてもうまく話せないのはわかっていたので、すぐに視線を逸らせてしまった。なんとなく男が何か話しかけたそうにしていたから余計そうだったのかもしれない。僕はまたしばらくぼんやりと流れる窓外の景色をながめていたが、なんとなく男の視線が自分に向けられているのを感じて、隣を見ると、男は感じの良い笑顔を見せながら大きなアメリカ製のチョコレートの包みを開けて僕に勧めた。大柄な黒人の男がチョコレートを勧めるというのもなんとなく可笑しかった。僕は少し戸惑ったが、男は手を引っ込めない。特に断る理由もなかったので「サンキュー」と云うとちょっと照れくさかったが、そのきちんと割られた一列を貰ってそのひとかけらを口に入れた。まさか毒入りと云うこともあるまい・・・・とちょっと飛躍的なことも考えたが、男も残りの片割れをすぐに口に入れたので安心した。

「この列車はとても快適だね」と男は流暢な日本語で云った。英語じゃないのが不思議な感じがしたが、おもわず僕は「新幹線はよく利用するのですか?」と聞いていた。「いや、前に一度乗ったことがあるだけだ」と男は答えた。その時僕は男の顔をしっかりと見ることができたが、見れば見るほどどこかで見たことのある顔だった。僕は一生懸命記憶の糸をたどってみたが、その時は思い出せなかった。窓の外にはもやのかかった富士山がぼんやりと見えてきていた。男は身をのり出すようにして窓の外を見ながら「グレイト!」と云った。「天気が良ければもっと素晴らしい姿をみせてくれますよ」と僕が云うと、男は微笑みながらうなづいた。

「君は音楽が好きかい?」と、男は唐突なことを聞いてきた。僕は一瞬答えに窮した。音楽は大好きだけど、音楽といったっていろいろなものがあるじゃないかと思ったが、口には出さなかった。僕は返事を返す少しの間に学生の頃夢中になっていた音楽のことを思い出していた。当時僕は大学のジャズ研に入っていて、毎日ほとんど授業にも出席せずに楽器を弾きまくっていた。僕のやっていた楽器はピアノだったが、アルバイトで歌伴の助っ人などもしていたので、プロになれたらという甘い希望もあったが、4年生になった時、別に熱がさめたわけではなかったが、自分の才能に見切りをつけ大半の学生がそうするように就職活動に多くの時間を割くようになっていた。それで今はめでたく・・・もっともめでたいかどうかはわからなかったが・・・真っ当な勤め人になっていた。
 僕は「音楽は大好きです」というと「どんなものが好きなのか?」と男が聞くので小さな声で「ジャズ」と云った。男はジャズと聞くと段々と饒舌になっていった。僕もおもわず夢中になってしゃべっていた。男の話は面白かった。男は「最近のジャズは力がなくなったね」と云い、僕が学生時代何度も何度も聴いてコピーした一流プレイヤーの話もした。まるで男が彼らの知り合いでもあるかのように、男の話には迫力と実在感があった。男の話は時々宇宙や神のことまでに広がった。僕は思い切って聞いてみた。
「あなたは音楽を職業にしている人ですか?」「まあ、そんなところだ」と男は答えたがそれ以上は教えてくれなかった。列車はだいぶ東京に近づいていたが、男は次の駅で降りると言って、列車がスピードを落とし始めた頃には席を立っていた。その時男は小さく折りたたんだ紙片を僕にくれた。僕が礼をいう間もなく男は笑って手を差しのべたので、僕は自然と握手をした。その手は大きく暖かかった。男のくれた紙を広げてみると、それは走り書きをした楽譜だった。僕は少しは楽譜が読めたので、たどたどしく最初の数小節を読むと聞いたことのある旋律だった。僕は次の瞬間クラクラとめまいのようなものを感じた。楽譜の下の小さなサインを見て、男の顔が誰だか思い出したからだった。そこにはJ.Coltraneと書かれていた。「コルトレーン、ジョン・コルトレーン!」僕はおもわず声に出してしまっていた。彼の顔は写真でしか見たことはなかったが、彼はまさしく当のサインの本人だったのだ。しかし、次には「まさか、まさか」と首を振った。彼はもう故人だったからだ。僕は動き出した車窓からホームに彼の姿を探した。いた!こちらに向かって笑いながら手を振っていた。と、次の瞬間彼の姿は僕の視界から忽然と消えていた。僕は夢から覚めたように頭がぼんやりとして座席の背に体を預けた。あれは、夢だったのか・・・いや、そんなはずはない・・・手元には彼から貰った楽譜の紙片があった。僕は目をつぶった。コルトレーンの吹く「Blue Train」のメロディーが頭の中に鳴り響いていた。.......END


そういえば、コルトレーンって大の甘党だったんですよね。そんなことも知っていたので、チョコレートが出てきたんですね😃
posted by ニャン吉 at 23:38| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

私の好きなもの「書物編」

不要な本をだいぶ処分したり、ブックオフなどに引き取ってもらったりしましたが、それでもまだかなりの本があります。自分の趣味・・・好きなもののうち音楽、絵画の次にというか同列に好きな読書。色々な本を読みますが、その中でMy favoriteをご紹介してみます。作品そのものもあるし、好きな作家も書いてみました。日本の古典文学も好きで、かなりの量の全集を持っています。最近はあまり読んでいませんが、面白いですよ。秋の夜長の読書の参考になってくれたら良いかなと思います。

日本の古典

「万葉集」
時代の背景もあるのだと思いますが、平安時代よりもずっとおおらかな感じのする歌集で、素朴な歌もありなかなか楽しめる歌集です。

「古今和歌集」
六歌仙や有名歌人も多いけど日本の代表的な和歌集。典雅な歌も結構好きです。

「新古今和歌集」
古今集よりこちらの方が全体的に侘び寂びのある歌が多く、歌集としては古今集よりこちらの方が高い評価を受けているようです。

「今昔物語
たわいもない話もあるけど、陰陽師の安倍清明なども登場してなかなか面白いですよ。


日本の現代作家(純文学系)

「辻邦夫」
「安土往還記」良かったです、信長の話だけどルイス・フロイスという宣教師の視点から書かれています。背教者ユリアヌスという大作があります、私はまだ読んでいませんが、妻が涙なくしては読めなかったという感動の作品らしいです。いつかじっくり読みたいなと思っています。この人の作品はとにかく文章が格調が高いです。他にも天草の雅歌」とか「嵯峨野名月記」など素晴らしい作品がたくさんあります。

「小林秀雄」
やっぱり「モーツァルト」ですかね。「モーツァルトの音楽は疾走する悲しみである」ある意味名言だと思いますが、私はモーツァルトとバッハは天上の音楽だと思っています(そうだ今日は音楽の話ではなかった)

「坂口安吾」
え、こんなことって本当にあるの?と思えるような題材や内容をさりげなくリアルに描いているかなり個性的な作家だと思います。ある意味すごく哲学的。この世の話ではないような話も自然に出てきます。狸が化けてお寺の住職になってしまったり、天空の姫に仕える美女が舞い降りてきたり・・・。虚無と幻想と人間の根源を描いた作品が多いですね。

「谷崎潤一郎」
独特の華やかな香りのする文体と内容。面白いですよ。余談ですがこの人の「細雪」映画になりましたが、この映画に出演された吉永小百合さん、とてもお美しかったです。

「井上靖」
「本覺坊遺文」、これは利休の話だけどね面白かった。この人の文章は淡々と書かれているんだけど、私小説作家などに多い、安っぽい修飾語などが無くてやはり格調の高い文章です。「後白河院」もよかったぁ・・・他にも良いものたくさんあります。

「大江健三郎」
ノーベル賞作家ということで特に有名ですが、独特の感性が感じられる人ですね。登場人物の設定などもちょっと奇想天外な部分もあってなかなかに面白く深い作品が多いです。最近読んだ作品では「燃え上がる緑の木」というのが3部にわたる長編ですが、なかなか良かったです。この作品の評価でノーベル賞貰ったのかもしれません。

「三島由紀夫」
なんと言っても傑作は「豊饒の海」とても面白かったです。この人の独特の美学が際立っていますね。この作品4部作なんですが、最後の第4部「天人五衰」が遺作となってしまいました。この作品では輪廻転生も肯定しています。

「加賀乙彦」
死刑囚を題材にした「宣告」も良かったけど、自身の経験にも基づいた「フランドルの冬」が結構良かったです。

「帚木蓬生」
「閉鎖病棟」が面白かったかな。「安楽病棟」という作品は、これから高齢の人が増えていくことについて、問題提起をしている内容で、ちょっと考えさせられましたね。この人も加賀さんと同じでお医者さんなので病院のことについては本当にリアルです。

「安部公房」
この人の独特なシュールな世界に入ってしまうと、ある意味虜になってしまいます。本当に面白い。この人も臨床医にこそなってはいませんが大学は医学部卒。理数系の人の書く小説って独特の感性でなかなか面白いです。「箱男」なんか最高!この人の本もかなり所有しています。余談ですが、この人、箱根に家があったんですね。箱根は冬、結構雪が積もります。それで車で移動するのに従来のタイヤチェーンでは取り付けが大変。それで自分で簡単に取り外しのできるゴムを利用したタイヤチェーンを発明しました。確かこれの特許ももっていたと思います。こういう違った才能のある人って面白いですね。

「遠藤周作」
キリスト教系の話が多いですが、小説としてはなかなか面白く、深いものが多いです。代表作の「沈黙」良かったです。

「水上勉」
日本的な情緒をたたえた作家です。ちょっと暗いイメージもありますが、西洋人には多分絶対と言っていいほど書けない日本的な内容と文章です。人によってはこの最大の特徴が嫌いという人もいますね。

日本の現代作家(エンタメ系)

※エンタメ系と言っても純文学に近いものもあるし、すごく人間性を探求したものもあります。ジャンル分けはあまり好きではないですが、一応分かりやすくするために分けました。

「松本清張」
この人はものすごい多作家。随分読みましたが、再度読み直しても面白い。このひとの文章も淡々としているんだけど純文学系の人が書くような文体で、もちろん時代を感じさせるものが多いですが、そこがまたなんともノスタルジーがあって、単なる推理小説の域を超えています。

「筒井康隆」
何と言ってもこの人の作品は奇想天外な発想がとても面白いです。SF作家というイメージですが、真の意味でエンターテインメント作家と言えると思います。

「小松左京」
やはり何と言っても面白かったのは「日本沈没」一読あれ。

「宮部みゆき」
ものすごい多作家。現代物のミステリーも面白いですが、時代物もなかなかです。何と言ってもこの人の特徴は読後感が良いのです。なぜか、どんな悪人でもどこか救いようのある人物に書いてあるし、人間とは真から悪い人はいないという性善説的な考えが基調になっているからかもしれません。この人の文章は本当に闊達というか職人芸といえるほど文章も上手いです。宮部さんのことはこちらにも詳しく書いてあります。
http://godspokeme.seesaa.net/article/156052828.html

「京極夏彦」
独自の小説世界を持っている人で、ちょっと澁澤龍彦などにも通じるものがあるような気がします。おどろおどろしい作品が多いです。

「高橋克彦」
「前世の記憶」などという作品があるように、ちょっとスピリチュアル系の話も書く作家です。なかなか面白いです。

「藤沢周平」
時代小説、といったらこの人ははずせません。単純に楽しめます。人情話もあります。

「小池真理子」
推理、サスペンス、ちょっと女性的な感性が鼻に付くところもありますが、娯楽小説として読む分にはなかなか面白く楽しめます。人間の異常性みたいなところに着目しているのも興味深く面白いですよ。

「乃南アサ」
なかなか細やかな心理描写と筋書き自体の面白さもあって、女性のサスペ ンス、ミステリー作家のなかではかなり面白い作品を書く人です。音道貴子という女刑事が出てくるシリーズ物より、他の作品の方がレベルが高いような気がします。もちろん好き好きですが。

その他の作者・・・小説家やエッセイストなど以外の人です。

山下洋輔
本業はご存知のようにピアニストですが、エッセイ的な読み物が以外に面白いのです。ドタバタ喜劇のような書き方をしていますが、鋭い観察力と音楽家の現場の裏側などもわかりとても楽しめます。シリーズもので10冊くらいは文庫になっています。何と言ってもタモリさんを発見した時のリアルなライブ感は最初の本に書いてあってタモリ誕生のいきさつがよくわかります。また、この人の音楽観を真摯に語った「風雲ジャズ帖」という名著もあります。

池田晶子
池田さんのことはこちらに詳しく書いてあります。
http://derive.biz/person/p2.html

その他にもパラマハンサ・ヨガナンダさんとかクリシュナムルティさんとかの著作もありますが、こちらはちょっと普通の文章家とは違うので省略します。(世界的には超有名な人たちですけどね)

矢作直樹
こちらも普通の創作文を書く方ではないので省略します。


こちらからは好きな作品についてです。

「三国志」
中国は今は何かと批判を受けている国ですが、この三国志の時代はなかなか傑出した人物が数多く輩出したようです。今はちょっと後戻りしちゃっているんですかね。当時の歴史の流れ、登場人物の多彩さ、とにかく面白いです。「吉川英次」、「北方謙三」の全巻は所有していて読みました。今度は宮城谷昌光氏の三国志を読んでみたいです。劇画ですが曹操を主人公にした「蒼天航路」がなかなか面白かったですね。絵がすごくリアルで綺麗です。それとこれは読み物ではありませんが、NHKでやっていた三国志の人形劇も面白かったです。

「ゴルゴ13」
この面白さはあらゆることに超人的な能力を持った、完璧無比のG13と世界を舞台にした話がとても面白く、下手なエンタメ小説より断然面白いです。ただ、世界情勢などについてよく理解していないとちょっとわかり難いところもあります。変な意味で勉強にもなります。

「じゃりん子チエ」
漫画とはいえ、文学です。人間より人間臭い猫2匹の活躍もとても面白いです。故、「井上ひさし」さんも絶賛していた作品です。

「ブラック・ジャック」
あまりに有名な手塚治さんの代表作。無条件に面白いです。

他にも好きな作家や作品数多くありますが、キリが無いのでこの辺にしておきます。

ラベル:文学 趣味
posted by ニャン吉 at 21:13| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする