2014年02月06日

佐村河内(さむらごうち)守さんのこと

佐村河内(さむらごうち)守さんという人の書いた曲がゴーストライターの書いた
ものだということが暴露されて、今話題になっていますが、こういう問題はある意味
人の芸術などに対する思惑や評価能力を試される事件でもありますね。

芸能人の書いた書物などほとんどがゴーストライターが書いたものというのは
実際にゴーストライターをしていた人から聞いたことがあります。ただ、今回は
純粋音楽ということなので問題になっているのだと思います。確かに騙し続けた
ことは良くないことではありますが、盗作ではないので、それほど目くじらをたてる
ことでもないかなと、真の作者がわかったのですから、真の作者のクレジットで
これからも演奏したりすればよいと思います。

管理人は聴いたことが無いので何とも言えませんが、この人が作ったという曲が素晴らしい
と評価した人はすごく多かったということなんですよね。ただ、これが
純粋に音楽に惚れ込んだ評価だったのかどうかということは疑問です。耳が聞こえない、
不幸な経験や経済的な苦労にもかかわらず良い作品を書いた・・・そういう人の作った
作品だからという付加的な部分を重要視しての上辺だけの評価だったんでしょうね。

本当に作品を評価していたのなら、真の作者の新垣氏の作品として素晴らしさを認める
べきだと思いますがいかがでしょうか・・・。演奏会を中止したり、まあこれは興行的な
訂正が必要なので仕方がないとも思いますが、音楽そのものの評価まで変えてしまうのは
どうかと思いますね。またこういう事件があると、まるで関係のない一般人の多くが
当事者をバッシングしたりします。こういう醜い行為は遠慮して欲しいですね。

また、佐村河内氏の耳が聞こえないということがウソであるということ、マスコミなど
なぜ見抜けなかったのでしょうか?今朝、テレビの報道番組を見ていたら佐村河内氏が
曲作りについて話しているVTRが流れていましたが、え?っと思いました。
この人の耳正常でしょ、とすぐにわかりました。全聾の人はあんなにスムーズに言葉を
発することができません。後天的に聞こえなくなった人でも過去の体で覚えている
発音方法でしゃべる方もいますが、かなり聞き取りにくい言葉になります。これは当たり前の
ことで自分の発声している音が聞こえないのですから、上手くしゃべれないのは当然なのです。

とにかく多くの人が真の意味で芸術や音楽というものを自分の感性で評価していないのです。
人が良いというからとか、作品の創造の過程や作った人物のエピソードなどで評価されがち
ですが、もっと純粋に作品そのものを見極めて評価したいものですね。
posted by ニャン吉 at 20:00| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする