2016年06月07日

フィルムカメラからデジタルカメラへ

カメラといえば、最近はほとんどの人がデジタルカメラを使っていますが、少し前まではフィルムカメラが主流でした。もちろん、管理人もフィルムカメラを使っていて、その当時は収入もまあまああったのでかなりの台数のフィルムカメラが家の電子防湿庫の中に入っています。ほとんどが一眼レフで交換レンズも数十本もあります。通常は35mmのフィルムサイズのカメラが殆どですが、フィルムサイズの大きい中判カメラというのも何台か所有しています。中判カメラの場合フィルムサイズが大きいので35mmサイズのカメラに比べてかなり大きくプリントしても画像の解像度が落ちませんでした。

しかし、やっぱり最近はデジカメの使用が殆どになってしまいました。デジカメの便利さはまず、現像→プリントという作業が不要なうえ、撮影した写真をすぐその場で見ることができるというメリットがあるうえ、パソコンにも簡単に取り込めて、すぐに大きな写真も見ることができるうえ、フィルム代、現像代という費用も不要になりましたね。デジタル一眼レフであれば、撮影枚数も最大サイズで撮影したとしても、動画でなければ数千枚撮影することができます。フィルムを購入する手間もお金もいらないし、本当に便利なものができましたよね。まあ、最近趣味でフィルムカメラを使用している若い人も少しはいますが、主流ではありません。

また、多少の露出ミスなどもPhotoshopのような画像編集ソフトを使えば、簡単に明るくしたり少し落ち着いた色調にしたりも出来ます。もちろん管理人もPhotoshopを使用しています。少し前はPhotoshopというソフトは数十万円もして趣味で使うためにはなかなか購入はできませんでしたが、最近は月々1,000円のレンタル料で使用することができます。このPhotoshop、最近では手振れした写真の修復もできます。

こんな時代にフィルムメーカーであった富士写真フィルムは事業内容をデジタルカメラ関係だけではなく、医療関係や化粧品なども開発して生き残りました。このあたりなかなかすごいなと思いますね。

写真はキャノンのデジタル一眼レフで撮影した写真ですが、なかなか綺麗だと思います。

2014_05_06 (33)sd.jpg
posted by ニャン吉 at 14:58| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: