2013年06月30日

最近の異常気象

ここのところ、各地で大雨が降ったり、異常気象ともいえる
現象が起きています。10年くらい前までは雨が降っても
一時間に100mmの降水量などという異常な雨は降りませんでした。

夏の気温も異常に高くなっていますし、雨や風の吹き方も
すざまじくなっています。雨だけに限って考えても降り方は熱帯の
スコールのような強烈な雨です。やっかいなのは熱帯のスコールは
短い時間で止んでしまいますが、最近の日本の雨は何日も降り続きます。

何年か前に、福島県や富山県のあたりで集中豪雨がありましたが、
何万人もの避難勧告が出されるなど、異常事態としかいえません。
ですから、土砂災害やその他の自然災害に見まわれた人々の口から
出るのはたいてい、「親の代からここに住んでいるけど、こんなことは
初めてです」と、こんなコメントがすごく多くなっています。
昔はなかったんですね。

温暖化が進み、東京の夏などはほとんど亜熱帯化しています。
寒い地域の冬が暖かくなってきたようです。冬の寒さの厳しい所が
これからはだんだんと住みやすくなるかもしれません。

人間が快適さを追求する余り、自然のメカニズムも狂ってきた
ような気がします。世の中エコブームですが、人間のエゴを矯正
したほうが良いような気がします。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


posted by ニャン吉 at 10:33| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。