2013年06月16日

サイトの記事を盗用された

少し前のことですが、
自分のサイトのコンテンツをそっくり盗用しているブログを発見しました。

友人に、「よくみつけましたね」と言われましたが、たまたまサイト名で
検索をかけたら、以前はトップに出ていた自分のサイトが20位くらいに下がっていて
そのブログがトップにあったんですね。しかも自分のサイトのタイトル名が
出ていて・・・・ん?と思ってそのサイトを開いて見たら、なんと!
私のサイトの2ページほどのコンテンツが、そのまま引用ではなく
盗用されていました。

「どこどこのサイトから引用させていただきました」とか書いてあれば、
まだ許せたんですが、自分が書いた記事のように最後のほうにちょっと添え書き
などしてありました。時間をかけていろいろ調べて自分なりの文章にして
アップしたものを、さも、自分のオリジナル記事のようにされていたら、
さすがに寛容な(?)わーい(嬉しい顔)管理人も、ちょっと腹が立ってきました。

何とかする方法がないか考えましたが、直接本人にメールなどして削除してもらう
のが手っ取り早いと思い、コメント送信の場所を探しました。
ところが、その記事のところだけコメントの送信欄をはずしてありました。
とうことはわかっていてやっていると思い、余計に頭にきて
なんとか方法を考えましたが、こんなことで弁護士さんに頼むのもばかばかしいし、
いろいろ探したらありました。

グーグルに著作権侵害をしているサイトを報告して、削除してもらえるという
システムがあるのを発見しました。早速、グーグルの指示に従ってといっても
できているフォームがあるんですが、何につけてもわかりにくいと評判の
グーグルさん。例によって最後までたどり着くのにちょっと手間取りましたが、
なんとか全部記入し、最後に署名して送信しました。

著作権侵害は法律上も「親告罪」いわゆる本人もしくはその代理人しか申し立てが
できません。ので、サイトの所有権の確認事項には結構厳しいことが書いてありましたが
幸い、グーグルのウェブマスターツールに登録しておいたサイトなので所有権の確認
はグーグルでは済んでいたので、その辺はスムーズに行ったようです。

グーグルからは受付のメールも何も来ないので、ちゃんとやってくれるのかな〜・・・と
思っていましたが、翌日の夜中の3時頃のメールでグーグルから返信が来ていました。
もしかしてこれ、グーグルジャパンではなくアメリカ本国から来るのかなとも思いました。

それに書かれていたのは日本語で
「ご指摘のあったURLのサイトはあと数時間で削除されます、他に何か
ご要望があれば、ご連絡ください」というものでした。

すごい、もう対応してくれたんだと思い、その日の夕方検索をかけて
みましたが、そのブログは見当たりませんでした。すごい!
グーグルさんやってくれるじゃないですか!と、ちょっとグーグルを
見直したしだいです。

そのサイトが削除されたら、自分のサイトも順位がなぜか
トップページに戻りました。どうしてかはわかりませんが、グーグルの人が
目視して元に戻してくれたのか・・・・最近はグーグルでもサイトの
有益性を見るために時々目視もしているということです。

ということで、この件は一件落着ということになりました。
ヤレヤレ

但し、完全に著作権を侵害されているという判断が付かない時は、
弁護士さんなど詳しい人に相談されてから行ったほうが良いと思います。
posted by ニャン吉 at 14:49| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: